は じ め に

日本は昔から緑の多い国であり、木の良さ、木の味わいを良く知っている国民だと言われています。

しかしながら生活環境も変化し、経済情勢も変化している今、少しでも低廉で早期完成を望むあまり住宅や家具、諸日用品迄が化学製品に変わり、私達の身の回りにいつのまにか、多くのシックハウス症候群が起き日常生活にも変化が起きて社会問題になっています。

私達日本人は木の中で生活し、進化してまいりました。それが今では木の良さや、木を使うことの意義を忘れてしまっています。私達は緑の山を育て、整備するためには間伐材も必要に応じて使用しないと美しい緑の山も育ちません。

一方、貴重な銘木と言われる木材の利用価値を高めるために薄くスライスして銘木単板として木材を無駄にせず、家具や住宅内装に使用して空間を形成する生活材料の一部として共存を図ってまいりました。

木質の事をよくご存知の設計士・デザイナーの方々は常に木材のもつ天然の色・木理・質に気を付けて、消費者ニーズに答えて供給されています。

木は人々の生活環境を最適にする資材であり、日々の気持ちを癒す最も良い材料です


銘木単板(ツキ板)って何?

それではこれから私たち業界で生産している銘木単板とはどの様なものなのか、簡単にご説明致します。

木の良さと言いますと先ず、第一にその木のもつ味わい、つまり木目の良さ、木そのものの質感を言います。

ツキ板は漢字で突板と書き、語源は木を突いて削り出した薄い板(単板)のことを言います。銘木単板とツキ板は同意語です。

これは家具・建具や建築資材、内装建材の表面材として合板等に貼って使われています。この合板に貼られた製品を「天然木化粧合板」といいます。

木を平滑な面になる様に製材して、その平面をスライサーで薄くスライスします。又、ロータリー単板、ハーフロータリー単板と言った木を回転しながら円周に沿って長いエンドレスの単板に剥いたものもあります。

銘木の材質や使用個所によって製造する方法も異なり、単板の厚みも違います。私達が現在取り扱っている単板の名前の一部を列記します。

ケヤキ・トチ・クロガキ・シオジ・タモ・ナラ・ニレ・カバ・シタン・コクタン・チーク・ローズ・ウォールナット・等々内外の自然界が造った、木の宝石と言われる樹種が使われています。

これらの樹種は葉が丸みのある広葉樹であり、別に針葉樹と言って葉が細いマツ・スギ・ヒノキ等がこれに当たり、日本住宅には好んで使われている樹種です。