ツキ板をしっていますか?

ツキ板とは旧来の手工具による製作方法に由来する言葉で、
突いて(強く押して)削り出した板と言う意味です。

国内はもちろん、世界各国の銘木から製作されたツキ板は、その用途から「天然木化粧板」ともいわれ、家具や建築物の内装、楽器などの装飾表面材として広く使用されています。

類似のものとして、特殊な紙などに木目模様を美しくプリントして使用されたものもありますが、ツキ板は正真正銘の天然木製品です。

皆様の身の回りにもたくさん使われているはずです。
一度注意して見渡して下さい。


ツキ板は貴重な天然素材の有効利用

ツキ板原木は大自然の中に育まれ、人為的に量産することはできません。


この限りある素晴らしい天然素材を、多くの皆様に有効にかつ安価に利用していただけるよう工夫されたのが、ツキ板のうすく切削する製法であり、装飾表面材としての利用方法なのです。


ツキ板は自然の造形美

大自然の中で育った銘木には、決して同じものはありません。
これを原木として作り出されたツキ板は、それぞれに個性があり、神のつくった版画にも例えられます。

この自然が育んだオリジナルのデザインをあなたのそばで楽しむことができます。