人はなぜ木を好むのか?

木そのものが、人に快適感、自然感を増加させる作用を持っています。

視  覚

木材は紫外線の反射量が小さく、人の目に優しく、また、木目のパターンが目を疲れさせません。

木目をみると、抑鬱、疲労という感情尺度が減少し活気が出て、気持ちをなごませます。


嗅  覚

木材の香りを嗅ぐと血圧が下がり脳の活動も静まり、リラックスした状態になります。

触  覚

本物の持つ高級感   == 手触り、肌触り ==

どちらが好きですか?

    木 綿  or  ナイロン
    皮 革  or  レザー
    木 材  or  メラミン
    ツキ板  or  塩化ビニール

触れてみてください。
本物の良さが解るはずです。


以上のように、人間と同じ生物である木に、親近感を持ち、生活環境を構成する材料、バランスの良い資材として近年再評価されています。